読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近の収穫(9月前半-②)

music book

プライマル・スクリーム『エクスターミネーター

エクスターミネーター

エクスターミネーター

ディスクユニオンにて捕獲。唐突に聴きたくなって廉価で購入。当時聴いていたときの印象はとにかく「うるせえ! 」というものだったが、それから15年以上の時を経た今の耳で聴くと、より細部に耳がいくようになりとても新鮮。ロックがエレクトロミュージックに接近したらどうなるか、という今となっては陳腐な命題に対して、レディオヘッドとはまた違った仕方で道を示したひとつのモデルのような音楽である。一曲目の『キル・オール・ヒッピーズ 』におけるベースラインの格好良さに悶絶させられてから、ケヴィン・シールズの轟音ガレージノイズギターが爆発する二曲目に雪崩れる流れは完璧。その後の楽曲群も、あくまでもロック軸足を起きながら、例えばエレクトリック・マイルスであったり、カーティス・メイフィールドのファンクであったり、ジャーマンプログレを経由したトリップホップであったり、ミュージックコンクレートであったり、様々な要素を聞き取ることができる。プライマル流の騒音的ダンスミュージック到達点。今このプライマルの骨太な試みを受け継いでいるロックバンドはあるだろうかとしばし考えてみても、俺の知る限りは出てこない。


北杜夫『ぼくのおじさん』

ぼくのおじさん (新潮文庫)

ぼくのおじさん (新潮文庫)

和田誠による可愛らしい装丁が目を引く北杜夫の子ども向けの一冊。11月に山下敦弘により映画化される予定。『ぼくのおじさん』と言えばジャック・タチのユロ伯父さんが有名だが、北杜夫によるこの「おじさん」もユロ伯父さんに優るとも劣らず魅力的である。その言葉を信じるならばおじさんはどうやら週に8時間だけ大学教員として哲学を教えているらしいが、その間抜けな生活を見るにつけどうやらそんなに立派な者でもないらしい。兄の家族の家に寄生するおじさんは万年床で寝転んで思索に耽り、義姉に文句を言われても何かにつけて屁理屈を捏ねてやり過ごす。子どもにお土産が欲しいとせがまれれば、おもちゃのムカデを机に置き土産にして、驚く子どもを見て子ども以上に子どものように大はしゃぎ。よもや自分の周囲にいたら迷惑極まりないどうしようもないおじさんである。そんなおじさんのどこが魅力的なのだろうかと言えば、それは一重におじさんの大人になることを放棄した清々しさとその哀愁にあるだろう。例えば上に挙げたような子ども相手の大人気なさとは対照的に、おじさんはどうも大人が苦手であるらしい。このどうしようもないおじさんに相手をみつけてやろうと周囲が画策した結果、おじさんは見合いをすることになるのだが、見合い慣れしたふてぶてしいお相手はここぞとばかりに出される菓子やら果物を食い漁る。そんな女を前に居心地が悪くしてたじたじになってしまうおじさんの姿は哀れとしか言いようがない。その後にその様子を見ていた子どもに虚勢を張る姿はまさに哀れな内弁慶であるのだが、そんな姿になぜだかちょっとした共感もしてしまうのである。
中年の半ニートを主人公にした子ども向けの物語が今の時代に成り立つのだろうかと考えると、昭和という時代の寛容な側面に想いを馳せずにはいられない、そんな一冊である。

最近の収穫(9月前半)

music

石野卓球『LUNATIQUE』

LUNATIQUE

LUNATIQUE

 

 石野卓球の新譜。卓球ソロは聴いたことがなかったけど、宇川直宏による目を引くアートワークに心惹かれて購入。これがとても良い。アルバムタイトル、曲タイトルからも想像できるようにとてもロマンチックなアルバムである。テクノ/ハウスというのはある意味とても平坦で漂白された音楽だと思っており、音響的な楽しさがないと自分なんかはなかなかノリきれないタチなのだが、これはなぜだか凄く好きになってしまった。聴いていると月に照らされた野外でこの音楽を聴きながら恍惚としている自分を想像してしまう。

  

・ファクトリー・フロア『2525』

25 25

25 25

 

 ファクトリー・フロアの新譜。前作からひとりメンバーが抜けているようだが、基本的な路線は変わらず。反復するビートにインダストリアルな不協和音が乗っかる。クラブ寄りのインダストリアル・ディスコ・パンクと言ったら分かりやすいか。現在どのような編成で活動しているのかわからないが、このユニットの根っこにあるのはあくまでも「パンク」であると思う。例えば上に挙げた石野卓球の音楽が持つような緻密な美しさはないものの、ファクトリー・フロアのこの野蛮な攻撃性はクラブミュージックが決して持ち得ない魅力である。

 

タイヨンダイ・ブラクストン『オレンジド・アウト E.P.』

Oranged Out E.P. [世界限定1000枚プレス / 国内盤CD] (BRE53)

Oranged Out E.P. [世界限定1000枚プレス / 国内盤CD] (BRE53)

 

タイヨンダイ・ブラクストンの新譜。前作『HIVE1』が気になっていたもののきちんと聴かずにここまで来てしまって、新譜が出たのでこっちを先に購入。めちゃくちゃ面白い。アヴァンギャルドだけど人を寄せ付けないような取っつきにくさのない妙にフレンドリーな印象を持つこの音楽を分類する言葉が見つからない 。カオスとコスモスの縁に触れる、というどこかで聞いたような言葉にしてみるとよくわからない概念を、この音楽を聴くと体で理解したような気になる。『HIVE1』も即ポチり。

 

・ザ・バード・アンド・ザ・ビー『ザ・バード・アンド・ザ・ビー』

ザ・バード&ザ・ビー

ザ・バード&ザ・ビー

 

 ディスクユニオンにて捕獲。2007年作。ザ・バード・アンド・ザ・ビーの音楽が良いことは知っていたけれども、こうして改めて聴いてみるとその凄まじいセンスの良さに驚く。聴いていて思い起こすのはステレオラブとかハイラマズといった90年代に活躍した良質で実験的なバンド群だが、このユニットはそれらのバンドに比べて広くポップスのフィールドで勝負をしているようなところがあって、そこが大変に好ましく、いまの気分にマッチする。音楽的な野心は失わずに広く届くポップスを奏でることの難しさをいとも簡単にクリアしているかのような、この音楽の軽々しさ!最高です。

音楽のユートピアへの誘い 菅井協太『y533』

music

y533

 

階下では父親がつまみをつつきながら酒を飲み、母親は台所で食器を洗い、妹はソファーに寝転がりながら携帯をいじってときどき付けっぱなしのテレビに笑い声を上げている。田舎の二階建ての一軒家の自室で、自分は電気を暗くして音楽を聴いている。眠るわけではないのに電気を消して音楽を聴くことが習慣になったのは、おそらく暗くしていた方が深遠な「なにか」に近づけるから。明かりを暗くして音楽を聴くことが眠る以外の唯一の現実逃避の方法。その後に現実逃避として音楽を聴くことに何となく後ろめたさを感じるようになって、部屋を暗くして音楽と向き合うというような聴き方はほとんどしなくなったが、菅井協太の『y533』を聴いて久しく感じていなかったかつての気分を懐かしく思い出したのだった。

lampのレーベル、ボタニカル・ハウスから菅井協太さんのニューアルバム、『y533』がリリースされた。三枚目のアルバムとなるようで不勉強ながら彼についてこれまで知らなかったのだが、染谷さんがツイッター上で紹介していたアルバムのトレイラーを観て一発でノックアウトされた。

 

www.youtube.com

 

このアナクロな音像と世界観、2016年の新譜であることが俄には信じがたい。○○のような音楽、あるいは○○と○○を足して二で割ったような音楽、あるいは○○と○○と○○を足して三で割ったような音楽、あるいは…と、折衷主義でセンスを競うことが多い昨今の充実しているとも飽和状態とも言える潮流の中で、菅井協太の音楽は明らかに異質である。時代のモードとは関係なく自分とその個人史に向き合った孤独な営みとしてのこの音楽は、不意討ちのように多くの人を郷愁のまどろみの中へ誘うことになるだろう。

染谷さんによる宣伝文句は「The Velvet Underground & Nicoの後に聴いても、全然負けていない」というもの。確かに菅井協太のダウナーな空気に満ちたこの音楽はウン十年前にどこかの外国の地下室で孤独に録音された音源が発掘されたような雰囲気が漂っている。その歌声は古い映画の中の場末のシャンソンシンガーのもののようであり、あるいは 30年代に録音されたビリー・ホリデイの歌声のようにも聴こえる。他にも色々な音楽や映画の記憶を想起させられるのだが、この音楽はとにかく今の自分の暮らしているところからは時代も場所もどこか遠いところから届けられたもののように感じられるのである。

 

全編英語詞で歌われるこの音楽が一体何を歌っているのかとても興味があるが(歌詞カードは付属されていない)、初めて外国の歌を聴いたときのように歌詞のことすら気にかけないまま、ひたすらにこの音楽に身を委ねるのもいいかもしれない。

 

y533

y533