【DISC REVIEW】JOEY DOSIK "GAME WINNER"

GAME WINNER EP [12 inch Analog] アーティスト: JOEY DOSIK 出版社/メーカー: SECRC 発売日: 2018/02/23 メディア: LP Record この商品を含むブログを見る ベッドルーム・ポップファンにも突き刺さる、現代に蘇ったスウィートソウルミュージック。 MOCKYの…

【DISC REVIEW】SAY SUE ME "WHERE WE WERE TOGETHER"

WHERE WE WERE TOGETHER [12 inch Analog] アーティスト: SAY SUE ME 出版社/メーカー: DAMNABLY 発売日: 2018/06/30 メディア: LP Record この商品を含むブログを見る 韓国発、男女混合ノスタルジックシューゲイザーバンドの注目盤 このアルバムが発売され…

【DISC REVIEW】DIRTY PROJECTORS "LAMP LIT PROSE"

LAMP LIT PROSE [12 inch Analog] アーティスト: DIRTY PROJECTORS 出版社/メーカー: DOMIN 発売日: 2018/07/13 メディア: LP Record この商品を含むブログを見る ダーティー・プロジェクターズ、陽性の万華鏡ポップミュージックへの帰還。 先行曲のM2"Break…

【プロ野球観戦記】4/3 ヤクルト-広島

◼️ 対戦カード ヤクルト-広島(3-6)◼️ 日時 4/3 18時開始◼️ 球場 神宮球場◼️ 座席 3塁側 9入口 31段 65番 ◼️ 見どころ両チーム合わせて18四死球、4失策の荒れ試合。広島が先制した後の1回裏、ヤクルトの攻撃で青木が肩に死球を受けて1.2塁となった後、川…

2018年3月に聴いた音楽

マンスリーレビュー3ヶ月目。年度末ということもあり仕事の忙しさからなかなか音楽を聴く時間が取れなかったような気がする。音源を買う数も少なかったし、買ったとしてもなかなか家で聴くことができず、もっぱら出勤時や退勤時などの移動中にアップルミュー…

2018年2月に聴いた音楽

マンスリーレビュー2月分。2月前半はThe XXとFather John Mistyの来日公演があったのでそれ関連の音源ばかり聴いていた(どちらのライブも最高だった)。後半に入ってようやく最近の新譜を聴き始めて、それらがどれも繰り返し聴くに値する名盤ばかりだったも…

2018年1月に聴いた音楽

昨年1月だけで終わってしまった備忘録的マンスリーレビュー。今年はどうにか1年通して続けたいと思い、再開。以下、1月によく聴いた音楽を。 ・Curtis Mayfield "There's No Place Like America Today" ゼアズ・ノー・プレイス・ライク・アメリカ・トゥデイ+…

1月に聴いたディスクス

I See You [帯解説 / ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] (YTCD161J) アーティスト: The xx,ザ・エックス・エックス 出版社/メーカー: Young Turks 発売日: 2017/01/13 メディア: CD この商品を含むブログを見る 昨年末から楽しみにしていたThe xxの新譜。こ…

オウガ・ユー・アスホール『ハンドルを放す前に』

オウガ・ユー・アスホールの新作『ハンドルを放す前に』を繰り返し聴いている。前作の『ペーパークラフト』も抑制の効いた作品だったが、今作においてはさらに音の数が減り、まるで最小限の音でポップスを成り立たせようとしているかのような野心すら感じさ…

【カープ】クライマックスシリーズ2016観戦記

去りし10/13にプロ野球クライマックスシリーズ第2戦、カープ対ベイスターズを観戦しに広島のマツダスタジアムに行ってきました。羽田から広島へ飛行機で約1時間、初めての広島行きだったのですが、飛行機だとこんなに早く着くんですね。広島空港から広島駅…

【歌詞考】点と線のイメージ キリンジ "Love is on line"

DODECAGON アーティスト: キリンジ 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント 発売日: 2006/10/25 メディア: CD 購入: 1人 クリック: 66回 この商品を含むブログ (228件) を見る 2006年発売のキリンジの6thアルバム『DODECAGON』に収録さ…

最近の収穫(9月後半-②)

・ティーンエイジ・ファンクラブ『ヒア』 ヒア アーティスト: ティーンエイジ・ファンクラブ,ノーマン・ブレイク 出版社/メーカー: Hostess Entertainment 発売日: 2016/09/09 メディア: CD この商品を含むブログ (1件) を見る ティーンエイジ・ファンクラブ…

最近の収穫(9月後半)

・ブラッド・オレンジ『フリータウン・サウンド』 フリータウン・サウンド アーティスト: ブラッド・オレンジ 出版社/メーカー: Hostess Entertainment 発売日: 2016/08/19 メディア: CD この商品を含むブログを見る 11月に来日するブラッド・オレンジの新作…

最近の収穫(9月前半-②)

・プライマル・スクリーム『エクスターミネーター』エクスターミネーターアーティスト: プライマル・スクリーム出版社/メーカー: エピックレコードジャパン発売日: 2000/01/19メディア: CD クリック: 8回この商品を含むブログ (22件) を見るディスクユニオン…

最近の収穫(9月前半)

・石野卓球『LUNATIQUE』 LUNATIQUE アーティスト: 石野卓球 出版社/メーカー: KRE 発売日: 2016/08/03 メディア: CD この商品を含むブログ (3件) を見る 石野卓球の新譜。卓球ソロは聴いたことがなかったけど、宇川直宏による目を引くアートワークに心惹か…

音楽のユートピアへの誘い 菅井協太『y533』

階下では父親がつまみをつつきながら酒を飲み、母親は台所で食器を洗い、妹はソファーに寝転がりながら携帯をいじってときどき付けっぱなしのテレビに笑い声を上げている。田舎の二階建ての一軒家の自室で、自分は電気を暗くして音楽を聴いている。眠るわけ…

MOODYMANN『DJ-KICKS』

ムーディーマンのDJを聴いたことは2度あって、どちらも今は開催されなくなってしまったメタモルフォーゼで聴いたのだが、中でも1度目の2009年のメタモルフォーゼが印象深く記憶に残っている。メタモルフォーゼはその頃まだ伊豆のサイクルスポーツセンターで…

30歳になってギャングスタラップにハマった

soc-movie.jp もうだいぶ前のことになってしまうが、渋谷のシネクイントで遅ればせながらN.W.A.の伝記映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』を観た。監督はF・ゲイリー・グレイ。何者でもない者たちがヒップホップに未来を見出し一致団結、あっという間に…

カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』における5つのキーワード。

▪️ヘールシャム この小説の主人公であるキャシー、トミー、ルースが育った全寮制の学校。田舎の緩やかな窪地にあり、周囲のどこを見渡してもなだらかな野原が立ち上がっている。裏手の森の頂きには様々な恐怖の言い伝えのある森が広がっており、生徒たちに畏…

あなたの人生のサウンドトラックになるかもしれない2015年の15曲。

田我流とカイザーソゼ【MV】アレかも、、 cero / Summer Soul【OFFICIAL MUSIC VIDEO】 ザ・なつやすみバンド - 「パラード」 Music Video シャムキャッツ - GIRL AT THE BUS STOP KOHH - "Be Me" (Official Video Preview) 1983『Bolero』 (OFFICIAL MUSIC …

2015年の20枚+1

2015年、わたしの日常に寄り添い、驚きと勇気を与えてくれた20枚。順不同。 ・Rhythm & Sound / goat ・See You, Blue / (((さらうんど))) ・Take Care / シャムキャッツ ・かけらたち / Lantern Parade ・ぱぱぱぱ。 / あだち麗三郎 ・パラード / ザ・なつ…

ミシェル・ウエルベック『服従』からの抜粋

「『O嬢の物語』にあるのは、服従です。人間の絶対的な幸福が服従にあるということは、それ以前にこれだけの力を持って表明されたことがなかった。それがすべてを反転させる思想なのです。わたしはこの考えをわたしと同じ宗教を信じる人たちに言ったことはあ…

Oneohtrix Point Never 『Garden of Delete』

Oneohtrix Point Neverって一体どんな意味なんだろうかと思って辞書で「Oneohtrix」で調べてみたが、残念ながら辞書にはない単語だった。「One/ohtrix」で区切ってみても、「One/Oh/Trix」で区切ってみてもやっぱり意味を掴むことはできない。次にグーグルで…

KOHHの『DIRT』がやばいっす。

ラッパーKOHHのニューアルバム『DIRT』がリリースされた。昨年リリースされた実質上のセカンドアルバム『MONOCHROME』で彗星のごとく登場して以来、ANARCHY『NEW YANKEE』での客演、今年の元旦に実質上のファーストアルバム『梔子』をリリース、6月にはミッ…

秋の夜長に聴く音楽

10月も半ばを越えましてすっかり秋めいてきました。高校生くらいの頃から「気分や季節に合わせて音楽をチョイスできるようになりたいな」などと思ってきたものですが、もうすぐ30歳にもなると自然とそういった聴き方をしているものでありまして、最近聴いて…

ALFRED BEACH SANDAL礼賛。

アルフレッド・ビーチ・サンダルの北里さんは歌が上手い。それは今よりもまだ無名だった2009年にYOUTUBEにアップされた「うきうきWatching」を弾き語った動画がそれなりの再生数を獲得し、その歌声が好評を博していたことからも、一般的な評価と言って差し支…

来たるべき新譜に備えてビーチハウスを聴き直す。

Depression Cherry アーティスト: Beach House 出版社/メーカー: Hostess Entertainment 発売日: 2015/08/28 メディア: CD この商品を含むブログを見る ビーチハウスのニューアルバム『ディプレッション・チェリー』が8/28に発売される。国内盤は9/30の発売…

最近のお気に入りー The Thrills "So Much For the City"

ソー・マッチ・フォー・ザ・シティ アーティスト: ザ・スリルズ 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン 発売日: 2003/06/18 メディア: CD この商品を含むブログ (4件) を見る アイルランドの首都ダブリンのバンド、ザ・スリルズの2003年作。アイルラン…

あだち麗三郎『ぱぱぱぱ。』

あだち麗三郎さんのソロ3作目。片想いのメンバーとして、あるいはceroの特殊サポーターとしてなど、多くの場でマルチ奏者として活躍しまくっているあだちさんだが、わたしはあだちさんの真価が最も発揮されるのは「歌うたい」としてであると思っている。それ…

入江陽『仕事』リリースパーティー@渋谷WWWが素晴らしすぎて。

入江陽バンド / JINTANA & EMERALDS / OMSB(DJ SET) - 2015/06/29 - WWWwww-shibuya.jp 入江陽さんの『仕事』リリースパーティーに行ってきました。以前このブログでも記事をポストしましたが、『仕事』は今年の上半期のアルバムでもベストに入るくらいに愛…