読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brasil1000シリーズ

ブラジルワールドカップが盛り上がる中「Brasil 1000シリーズ」という企画でブラジル音楽のアルバムが1枚1,000円の廉価で発売されてます。1,000円(税抜き)という絶妙な価格設定に浮かれてほいほいと購買意欲が掻き立てられていますが、とはいえブラジル音楽初心者としては124タイトルもある中からどれを選べばよいかわからないのが正直なところです。

そう思っていたらブラジル音楽の伝道師、Lampの染谷さんがブログで「これだけは抑えておけ」というものを10枚選出してくれていたので、これを参考にポチポチと買っていきたいと思います。以下がその10枚。

ア・ヴィア・ラクテア

ア・ヴィア・ラクテア

 

 

トニーニョ・オルタ

トニーニョ・オルタ

 

 

ジャヴァン登場

ジャヴァン登場

 

 

今宵楽しく

今宵楽しく

 

 

コーリス・ノーミス

コーリス・ノーミス

 

 

カンチーガ・ヂ・ロンジ

カンチーガ・ヂ・ロンジ

 

 

ナラと素晴らしき仲間たち

ナラと素晴らしき仲間たち

 

 

ドミンゴ

ドミンゴ

 

 

サンバ ’68

サンバ ’68

 

 

ゲッツ/ジルベルト

ゲッツ/ジルベルト

 

ジャケが出てこないのが何とも残念。*1ブラジル音楽はいいジャケが結構多いんですよね。

ちなみにこの中で自分が聴いたことがあるのは、マルコス・ヴァーリカエターノ・ヴェローゾガル・コスタジョアン・ジルベルトスタン・ゲッツの3枚。どれも本当に素晴らしいアルバムです。これらと同質であろうと期待できる音楽がこんなにもたくさん整然とリリースされることに興奮を禁じ得ないっす。早く来い来い給料日。 

*1:4/1更新