読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柴田聡子『いじわる全集』が素晴らしい。

いじわる全集



柴田聡子さんの新譜、『いじわる全集』が素晴らしいです。今年も色々いい新譜に出会っているけど、これはその中でもかなりヒット作。購入して以来、繰り返し繰り返し聴いています。

柴田聡子の音楽はこれまでYoutubeで「カープファンの女の子」を観て、最初はイロモノっぽさがあるのかな?なんてことを思いつつ(失礼)、何か不思議な魅力があって、思い出したときに繰り返し同じ動画を見ていただけだった。

で、新譜が出るっていうんで買ってみたら、これが素晴らしくて(何と言っても『いじわる全集』というタイトルが素敵です)。

この魅力をどう説明したらいいんだろう。もともと二階堂和美やmmmなどの女性SSWのうたが好きな自分には直球ど真ん中で、断片だけ切り取るとよくわからないけど魅力的なフレーズが折り重なって、なぜかどうしようもなく胸を締め付けられるのです。全16曲、60分。さらっと聞き流してしまうこともできるような心地よさのある音楽だけど、その中で聞き逃せないフックに何度も何度も引っ掛けられ、気がつけば中毒になっている。

初回版はそろそろなくなっているところも出ているようですので、是非お早めに。

いじわる全集

いじわる全集