Walky-Talky's Journal

INDIE POP FANCLUB

【プロ野球観戦記】4/3 ヤクルト-広島

f:id:Walky-Talky:20180410111542j:image

◼️ 対戦カード ヤクルト-広島(3-6)
◼️ 日時 4/3 18時開始
◼️ 球場 神宮球場
◼️ 座席 3塁側 9入口 31段 65番 
◼️ 見どころ
両チーム合わせて18四死球、4失策の荒れ試合。広島が先制した後の1回裏、ヤクルトの攻撃で青木が肩に死球を受けて1.2塁となった後、川端のピッチャーマウンドへの滞空時間の長いフライをサード西川が落球したところから、荒れた試合になる予感が。
試合のターニングポイントは3-2でヤクルトリードで迎えた4回裏、ヤクルトの攻撃。2アウトから1番山田が四球で出塁、2番山崎がサードへの内野安打で1.2塁となる。ここで3回にホームランを打っている3番バレンティンが登場。広島先発薮田の内角攻めに対して漲り睨みを利かせるバレンティンは明らかに興奮しており、一触即発のヒリヒリした空気がスタンドまで伝わってくる。対する薮田は4球目にワイルドピッチ、明らかに動揺している。カウント2-2からの5球目、バレンティンは左翼ポール際、場外に消える大飛球を打つもわずかに左に切れてファールとなる。その後フルカウントとなるが、7球目のワンバウンドの変化球にあえなく空振り三振となり、ヤクルトの追加点は入らなかった。バレンティンはベンチに戻らずバットとヘルメットを投げ捨て、レフトの守備位置にゆっくりと歩いていく。
勝敗を分けるポイントとしては4回は少し早過ぎる気がしないでもない。しかし、この試合において一番緊張感が高まったのはこの4回のバレンティンの打席だった。制球の定まらない先発ピッチャーを擁しながら凡ミスで1点を返され、バレンティンに逆転ホームランを打たれていたカープにあっては、この4回にバレンティンに再び打たれていたら負け試合だったかもしれない。あるいは、また別のターニングポイントが訪れて逆転していたかもしれない。しかし結果的にこの回に点が取れなかったヤクルトは6回表の拙守により逆転負けをした。その6回表に逆転のタイムリーエラーとなるファーストゴロを打ったのが初回にエラーをして球場を異様な雰囲気に包んだ西川だということも因果が感じられた。
その後7回裏には今村の放った直球が川端の頭部に直撃する事態となるのだが、バレンティンはどんな思いで味方の拙守と川端の死球を見ていたのだろうか。そんなことを想像してしまうほどにバレンティンの猛々しさは異彩を放っており、この試合ですっかりファンになってしまった。