Walky-Talky's Journal

INDIE POP FANCLUB

SUPERORGANISM "SUPERORGANISM"

 

SUPERORGANISM [12 inch Analog]

SUPERORGANISM [12 inch Analog]

 

全てを「ポップ」に丸め込んだ多国籍8人組ポップユニット、スーパーオーガニズムによる傑作デビューアルバム。

イギリス、日本、オーストラリア、ニュージランド、韓国という多国籍な8人のメンバーによるポップユニットの今年の3月にリリースされたデビューアルバム。アルバム発売前の来日公演がソールドアウトとなるなど、既にアルバムデビュー前から話題になりまくってましたが、先日のフジロックレッドマーキーでのステージも素晴らしく、合わせて日本のテレビに露出するなど、今後さらに大きな注目を集めること間違いなし。アヴァランチーズのサンプリングマジック、MGMTのサイケなポップネス、フレーミング・リップスの爆発的な祝祭性、ゴー!チームのポジティヴィティーがごった煮になったような音楽性は、混沌としていながらも、とにかくポップ。エフェクトの掛かりまくったシンセとギターやめくるめくサンプリングコラージュを主体としたサウンドはエッヂが効いており、オロノのボーカルも決して媚びを感じさせないものだが、華を添えるコーラス隊も含めて、その全てが「ポップ」であることに収斂していき、どこを切り取ってもポジティブなバイブスに満ちている。多様性を纏め上げた結果がこんなにもカラフルな音楽であるならば、ポップミュージックの未来は明るい。ネットで繋がっていただけの日本人の女の子(オロノ)がバンドのボーカルに誘われて、送られてきたデモ音源に歌をつけたらヤバい曲が出来ちゃってそのままロンドンに移住っていうストーリーも完璧。この爆発的なエネルギーがもっともっと伝播していくことを願う。