Walky-Talky's Journal

INDIE POP FANCLUB

EVISBEATS "ひとつになるとき"

 

ひとつになるとき [Analog]

ひとつになるとき [Analog]

 

 2012年作、言わずと知れたEVISBEATSの傑作ALを2LPアナログ再発で入手!

物凄くお気に入りの音楽だけど持っていない盤というのは結構多くて、大体は興味を持ってレンタルしてITunesに入れてIPodに落として聴いている内にどんどんハマっていく、という今ではもうしなくなった仕方で聴いていた音楽で、このEVISBEATSの2012年発表の本作もそんな一枚。そういう音楽が今回のようにアナログで再発されると一瞬で飛びついてしまうのは恐らく自分だけでないはず。

多くの人がそうであるように、自分はこのアルバムの取っ掛かりはfeat.田我流の大名曲B1"ゆれる"だった。「ゆれる」ために作ったようなメロウなビートとキーボードに田我流の決意溢れるラップが乗るこの曲にどれだけ勇気付けられたかわからない。本当に今でもよく聴く。EVISBEATSのトラックは攻撃的なところがなく、ただひたすら心地良い。特にA面に収められている冒頭の4曲は、遠い異国の自然の中でハンモックに揺られながら昼寝をしているかような心地よい時間が流れており、一瞬にして桃源郷に飛ばされる。B面にいくと前述の名曲"ゆれる"を挟み、レゲエ調のリズムが心地よいB2"ギャーテーギャーテー"(この曲のリリックはDOZANこと三木道三!)、異国情緒溢れる上物に乗る鴨田潤(イルリメ)の教訓を含んだストーリー性のあるリリックが面白いB3"なんともまぁなんだかな"と続く。後半に入るとインスト曲も含め扱われるサンプルのワールドミュージック色がより濃くなっていくが、かと思えばC4"海岸線を越えて"やD1"気楽な話"のようなスムースな歌モノがすっきりと収められていたりする。楽曲はバラエティーに富んでいるものの、オーガニックでリラクシンな空気感は一貫しており、アルバムを通して安心してその心地よい時間に身を任すことができる。

きっとこれから先、何度でも聴き返すだろう一枚を手に入れることができて大満足であります。。

f:id:Walky-Talky:20180803000017j:image

 


EVISBEATS【MV】ゆれる feat. 田我流


EVISBEATS【PV】いい時間