Walky-Talky's Journal

INDIE POP FANCLUB

Homecomings "WHALE LIVING"

 

WHALE LIVING

WHALE LIVING

 

京都を拠点に活動する男女混合4ピースバンド、Homecomingsのフルアルバムとしては4枚目となるニューアルバム。これまで英語詞で歌うことを続けてきた彼らだが、本作では満を持して日本語詞に挑戦。満を持して、と書いたのは平賀さち枝とのコラボレーション二作で披露した楽曲のあまりの素晴らしさにホムカミ×日本語詞の相性の良さを感じていたからで、日本語詞でアルバムを作ると聞いて今作への期待値はかなり高かったのだが、一聴して期待を裏切らない良作だと感じた。もともと「切なさ」とか「懐かしさ」みたいな微妙なニュアンスをメロディーに乗せることを得意としてきた彼ら、今回日本語詞で歌われることによって、畳野彩加の温かみのあるボーカルがアコースティックな響きが増したサウンドに乗って、より深く心象風景に入り込んでくるような一枚になっている。リード曲の"Blue Hour"は「日没後と日の出前に発生する空が濃い青色に染まる時間帯のこと」だそうだが、まさに一日のうちに一瞬しか訪れない美しい時間を切り取ったかのような名曲。このアルバムはそんな特別な時間にしか訪れない心象風景を何度でも再生させてくれるような魅力が詰まっている。とても映画的な音楽だと感じた。


Homecomings "Blue Hour"(Official Music Video)

 

白い光の朝に

白い光の朝に

 

 

カントリーロード/ヴィレッジ・ファーマシー

カントリーロード/ヴィレッジ・ファーマシー